ブログ BLOG

介護職員処遇改善加算・
介護職員等特定処遇改善加算について

当法人では、訪問介護・通所介護において、介護職員処遇改善加算(介護職員の確保・定着率の向上等を目的)を算定しております。
また令和2年4月からは介護職員等特定処遇改善加算も算定しました。
この加算は経験・技能のある介護職員の評価や他職種の処遇改善を行うことができ、柔軟な運用が可能です。
当法人では、2種類の処遇改善加算金を有効に使い、介護人材等の不足の中、人材確保・定着・資質の向上をはかっています。

賃金改善に加え下記取組みも行っています。

資質の向上

  • 研修会参加(受講料・交通費等の支給)
  • 介護部門全体勉強会 年3回
  • 各部門勉強会 月1回

労働環境・処遇の改善

  • 新人指導担当者制度等の導入(新人介護職員の早期離職防止)
  • 職員の腰痛対策(リフト車導入による負担軽減)
  • 職場内のコミュニケーションの円滑化(勤務環境やケア内容の改善)
  • 各部門ミーティング 毎月
  • 部門管理者による幹部会(情報・問題点等の共有)
  • 健康診断 年1回(短時間労働者も含む)
  • 従業員のための休憩室の設置
その他
  • 職員増員による業務負担の軽減(職員の希望に即した非正規から正規職員への転換含む)
  • 地域住民との交流(保育園との交流・作品展の開催・ボランティア受入れ等)