スタッフ募集中 保険診療WEB予約 美容診療WEB予約

ブログ BLOG

糖尿病の種類

糖尿病には下記のものがありますが、
糖尿病患者さまの9割は2型糖尿病といわれています。
こちらのページでは、2型糖尿病について詳しくご説明いたします。

2型糖尿病

2型糖尿病は、必要以上の糖分摂取があったり、インスリンの働きが弱まることにより血糖値が上昇し、発症する糖尿病です。日本の糖尿病患者さんでは9割の方が2型糖尿病に当てはまると言われています。1型糖尿病とは異なり、インスリンを生産することはできますが、身体がインスリンに対する感度を失うインスリン抵抗性という状態が現れます。この状態となるとインスリンが血糖値を下げる役割を担うことができないため、インスリンを生産していても血糖値が上がります。肥満や運動不足、ストレス、(家族に糖尿病患者さんがいるなどの)遺伝などが要因として考えられます。また加齢も要因として挙げられ、40歳以上になると発症しやすいといわれています。自覚症状がほとんどないため、発見が遅れてしまうことがあります。

その他(妊娠糖尿病)

妊娠糖尿病は、妊娠することで一時的に血糖値が上昇する糖尿病です。妊娠によるホルモンバランスの変化によってインスリンの働きに影響を及ぼすため、血糖値が上昇します。妊娠中に糖尿病となることで母親は血液が酸性化するケトアシドーシスの危険性があり、胎児も新生児低血糖の危険性があるなど、母子ともにリスクを伴います。基本的には一時的な症状ではありますが、出産後に2型糖尿病を発症する場合もありますので、妊娠中から適切な管理が重要です。