スタッフ募集中 保険診療WEB予約 美容診療WEB予約

ブログ BLOG

高血圧とは

高血圧症とは、安静にしている状態であっても基準より血圧が高くなる疾患です。血圧は、運動をしたり、何か活動をしたりする際に一時的に高くなりますが、高血圧症の方はそういった活動には関係なく、一定の基準よりも血圧が高い状態が続きます。高血圧症の方は日本全国で4,000万人以上おり、3人に1人は高血圧症といわれている身近な疾患です。初期には自覚症状がないため、頭痛、めまい、視覚障害などの症状が出る頃には既に進行しており、突然、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことがあります。初期症状がないからこそ、健康診断などで血圧を定期的に測ることで高血圧症の可能性に気づき、早期に治療を開始することが重要です。

危険性・リスク

高血圧症となると動脈に負荷がかかるため、気づいたころには動脈硬化という血管が硬く血液の流れが悪い状態となってしまいます。その結果、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。高血圧症の代表的な合併症としては、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などがあります。早期発見・早期治療ができれば、合併症の発症リスクを抑え、健康的に過ごせる時間を延ばすことができます。健康診断で高血圧症の可能性を指摘された方、気になる症状のある方は1度お気軽にご相談ください。